2017年9月25日月曜日

平成30年度の医師専門研修プログラム参加申し込みについて

精神科・児童精神科医師専門研修プログラム(平成30年4月研修開始)

参加希望者への説明会・面談を行います。


第三回 説明会:11月25日(土)午後2時~午後4時
第三回 面談   :12月23日(土)午後1時~

対象:平成30年3月に医師初期研修を修了予定で精神科を志望される方、
    他科から精神科への転科を希望される方など。

説明会参加のお申し込みは、連絡フォームからお願いします。

詳細は、こちら(PDF)をご覧ください。

  • ご不明な点についてのお問い合わせは、メールで尾崎紀夫教授まで。
  • 説明会の開催はこれが今年度最終ですが、スケジュールのご都合がつかない場合は、個別にご相談をうかがいますので、お問い合わせください。

2017年9月1日金曜日

名古屋大学精神科・児童精神科専門研修プログラム 専攻医採用ページ(仮)

名古屋大学精神科・児童精神科専門研修プログラム 専攻医採用ページ(仮)

 名古屋大学精神科・児童精神科専門研修プログラム(以下、本研修プログラム)は、専門研修基幹施設(以下、基幹施設)である名古屋大学医学部附属病院精神科・親と子どもの心療科で行われる2年間の前期大学病院研修と、専門研修連携施設(以下、連携施設)である公的精神科病院・一般病院・民間精神科病院で行われる3年目以降の後期連携施設研修からなります(図1)。基幹施設も含めた施設数は合計44施設と、本研修プログラムは全国でも有数の規模を誇るだけでなく、連携施設には公的精神科病院3施設、精神保健機関1施設、一般病院精神科・心療科・児童精神科14施設、民間精神科病院25施設が含まれ、それぞれ特色ある施設で研修可能な体制となっています。さらには、専門研修指導医も、基幹施設に19名、連携施設全体に101.5名(按分後)が配置されています。よって、本研修プログラムで研修を行う専攻医は、児童青年期から成人、高齢者まで多様なライフステージにおける、全ての精神疾患について、コンサルテーション・リエゾン精神医学を含むさまざまな領域の精神科医療・精神保健を経験することが可能です。

 前期大学病院研修中には、指導医と主治医グループとして診療にあたるだけでなく、多職種とのチーム医療を実践します。当科においては、抑うつ障害、双極性障害、不安症、統合失調症、摂食障害、認知症、パーソナリティ障害、睡眠障害、自閉スペクトラム症、注意欠如・多動症等の精神疾患について、診断および治療を学ぶことができます。また、コンサルテーション・リエゾン精神医学の経験を多く積むこともできます。それだけでなく、多様な専門性を有する精神科専門医・指導医(19名)、精神医学研究者による、専攻医向けセミナー、研究遂行に必要なノウハウを学ぶセミナーなど多様で充実した教育機会を計画的に実施しています(図2)。また、前期大学病院研修中、週1〜2日は連携民間精神科病院での研修も行うので、精神科病院での地域医療などについて、初年度から積極的に学んでいただくことができます。

 後期連携施設研修では、連携公的精神科病院2施設・民間精神科病院26施設を中心とした研修を行います(図3)。これらの施設は全て病床を持ち、閉鎖病棟や隔離室などの設備も備えています。3年目専攻医は、これらの施設の常勤医として、各施設の指導医の指導のもと、精神科救急症例、行動制限症例、地域医療症例を中心に臨床経験を積みます。各施設は地域の精神科医療において中心的な役割を担っていますので、地域医療を経験することができます。また、専攻医が希望する場合、基幹大学病院に加え、一般病院10施設、児童精神科4施設、公的精神科病院1施設、精神保健機関1施設といった多様なタイプの連携施設での研修を同時に受けることも可能です。なお、連携民間精神科病院の研修先を選択する際は、専攻医の希望が優先されます。専攻医同士で希望が重複した場合などに調整を行うことはありますが、当科から研修施設を指定することはありません。


  • 医師(専攻医)は本研修プログラムへの採用後、研修施設群のいずれかの施設と雇用契約を結ぶこととなります。
  • 本研修プログラムは、日本精神神経学会による一次審査を通過したものであり、今後日本専門医機構による二次審査を踏まえて修正・変更があることを予めご承知おきください。

名古屋大学精神科・児童精神科専門研修プログラム (PDF)

プログラム参加希望者への説明会(9月24日)・入局面談(10月15日)について→こちらのページをご覧の上、お申し込みください。

その他、プログラムについてのお問合せ・プログラム参加のお申し込み・施設見学のお申し込みなど、専用の連絡フォームを使って、いつでもお気軽にご連絡ください。

名古屋大学精神科・親と子どもの心療科 Web site

2017年3月9日木曜日

平成30年度臨床心理士向け精神科研修プログラム参加者を募集します(本年度募集は終了しました)

臨床心理士向け

精神科・児童精神科臨床研修プログラム(平成30年4月研修開始)

標記について、応募は締め切らせていただきました。
平成31年度の募集については、次年度も当ブログにてアナウンスを行います。

2017年2月23日木曜日

心理系実験従事者(技術補佐員)募集

当科で行う心理系の実験に従事する技術補佐員を募集します。


雇用期間:2017年 5月 1日以降(応相談)~2018年 3月 31日
       但し、勤務評価等により年度更新可能(最長で5 年)

応募締め切り:2017年 3月 21日(火)

応募資格:臨床心理士資格取得、または取得見込み

業務内容:心理検査、半構造化面接による評価、心理実験、データ整理及び解析、
       研究参加者のスケジュール管理等

勤務時間:(月)~(金)週5日、週30時間(1名)
      (月)~(金)週4日以内、週16時間以内(1名)

お問い合わせ:名古屋大学大学院医学系研究科 精神医学分野(担当:加藤)


2016年6月28日火曜日

精神科・児童精神科 臨床心理士専門研修者(非常勤職員)の募集について

専門研修を行う臨床心理士(および資格取得見込者)について、平成29年4月からの研修開始については、募集を締め切らせていただきました。平成30年4月からの研修開始については、このページで将来アナウンスを行います。
  • 入局を希望される方・入局を考えてはいるが決められていない方、ともに、施設見学のご相談と合わせて、ご相談を常時受け付けております。連絡フォームからご連絡ください。

2010年10月13日水曜日

「精神医学」,「精神生物学」,「発達・老年精神学」,「親と子どもの心療学」分野・博士課程・修士課程大学院生募集

「精神医学」,「精神生物学」,「発達・老年精神医学」,「親と子どもの心療学」分野への博士課程・修士課程大学院入学をお考えの方は,医学,心理学,保健,薬学,生命科学等専攻を問わず,e-mailで尾崎紀夫まで 御連絡ください.

見学等のご相談も随時受け付けております.